インプレッサスポーツ 新車 値引き 価格 総額 値段

インプレッサスポーツ新車を大幅に値引きしたい!!

できるだけ安い価格で買いたい新車ですが、値引き交渉はどうしたら良い??

総額値段を激安にするには、商談と維持費の節約テクニックが重要です!!

(※最終更新日:2017/1/18)

インプレッサスポーツの新車の値引き価格は・・・

2~5万円が相場!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

新車のインプレッサスポーツの値引き価格を限界まで!!

アイサイト装備のインプレッサスポーツ4WDに乗りたい・・・

などなど、スバル車は高剛性で丈夫なモデルがたくさんあって魅力的ですよね。

特にアイサイトのバージョン3なんかは凄く性能が高く、安全運転支援システムとしてピカイチ。

トヨタやホンダがこういった安全装置に乗り気でしたが、スバルの方が少し先んじている印象です。

 

それに、インプレッサスポーツの価格帯は200万円くらいからスタートということで、

あのクオリティーのモデルの割に値段が意外と安いんですよね。

とは言え、新車でオプションや装備を付けて買うとなると、値引き価格を大きくしたいはず。

やはり、近年の自動車業界は、乗り出し価格の総額が段々と上昇していく傾向にありますよね。

 

そんなスバルのインプレッサスポーツですが、値引き価格の目標相場としては2~5万円くらい。

この目標額を聞いて、もっと値引きを広げたい!!

と思った方が多いことでしょう。

誰でももっと安く新車で購入したい気持ちになるもの。

 

ということで、インプレッサスポーツの総額を安くする方法や、乗り出し後に重要な維持費の節約についてガイドしていきます。

 

詳しくは、

>> 新車購入の値引き相場!買取と交渉で限界まで安くするガイド!

の値引き交渉マニュアルでも触れているのですが、

「スバル・インプレッサスポーツを可能な限り安く買う方法は??」

1.下取り査定だけでなく、買取査定を受けて二刀流で高く売る!!

2.値引き交渉では、引き算購入法を実践しよう!!

※値引き交渉で競い合わせるライバル車種は、トヨタのカローラフィールダー、ホンダのフィットシャトル、マツダのアクセラスポーツが手頃。

ということが大切なポイントとなります。

 

まずは下取り査定で、あなたの愛車を安売りしてしまわないためには、

 

無料の買取査定サービスで下取り価格が高いのか安いのか??

妥当な下取り査定の結果なのかをチェックすべし!!

 

ということ。

もし仮にあなたがディーラーの営業マンだとしたら、下取り査定では安く買い叩きたいですよね。

そして、中古車市場へとあなたから下取りしたクルマを高く売りつけると・・・

 

しかしながら、ほとんどの人が下取り査定で今まで大事に乗ってきた愛車を安売りしてしまうのです。

なぜならば、本当の愛車の価値を知らず、大損していることに気付けないから。

ですから、ネットの無料の買取査定を受けることで、下取り査定の妥当性がわかるのです。

また、値引き充当という営業マンのテクニックによって、あなたは値引きで損をしているのにオトクだと勘違いしがち。

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

 

そして、新車の値引き交渉で重要なテクニックとしては、

「引き算購入法とは??」

最初はインプレッサスポーツに不要で高額なオプションと装備を付けておく。

⇒ 値引き交渉である程度の価格に落ち着いてきたら、いらないオプションと装備を外すだけ♪

が簡単で初心者や口下手な方でも商談で成功しやすいです。

ぜひ、スバルのインプレッサスポーツの新車を激安価格で購入されてくださいね!!

超オトクに新車を購入する方法がこちら!!

【車を激安で購入する方法】

>> 車を激安で購入する方法はコチラ <<

インプレッサスポーツの乗り出し価格をチェック!総額予算は足りていますか?

さて、インプレッサスポーツの新車を購入する際の注意点である、

  • 下取り査定
  • 値引き交渉

について把握できたら、

「インプレッサスポーツの乗り出し価格の総額はいくらなのか??」

「用意できる予算でインプレッサスポーツに足りるのか??」

をしっかりと確認しておきましょう。

 

で、インプレッサスポーツの値引き価格の目標としては5万円ということですが、

新車のディーラーへ足を運んで見積もりを取るとなると気が引けませんか??

何かと営業マンがニコニコと話し掛けてきては、ウザいセールスを掛けられそうですよね。

見積もり書を作った段階で、商談に持ち込まれて・・・

そんなイヤな状況を避けつつ、新車の見積もり書をゲットする方法がこちら(無料)。

★見積もりはオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

 

新車のスバル・インプレッサスポーツの総額を把握できたら、こちらの値引き交渉マニュアルを確認してみてくださいね!!

インプレッサスポーツの新車の値引き価格を限界へ!!

5万円が目標値引き額!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

【新車のインプレッサスポーツの基本情報】

個人的にはインプレッサスポーツは価格に対してメチャクチャ高性能で素晴らしいクルマだと思っています。

普通はスタート価格が250万円を超えてもおかしくないくらいの出来栄え。

 

ただ、中には総額に対して予算を用意するのがキツイ人も多いことでしょう。

加えて、新車で購入したインプレッサスポーツであっても、

購入価格の50%(3年後) ⇒ 25%(5年後)

という数年後の値崩れが起きてしまいます。

つまり、インプレッサスポーツから次のクルマに乗り換える時に、新車購入時の価格から目減りしているということ。

 

車の買い替えってホントに家計を苦しめるものですよね・・・

インプレッサスポーツの新車の価格表(車両本体)

グレード名 価格 エンジン/ミッション 燃費
2WD(FF)
1.6i-L eyesight(アイサイト) 1,922,400円 1.6L対向4DOHC/CVT 18.2 km/L
2.0i-L eyesight(アイサイト) 2,160,000円 2.0L対向4DOHC/CVT 17 km/L
2.0i-S eyesight(アイサイト) 2,376,000円 2.0L対向4DOHC/CVT 16 km/L
4WD
1.6i-L eyesight(アイサイト) 2,138,400円 1.6L対向4DOHC/CVT 17 km/L
2.0i-L eyesight(アイサイト) 2,376,000円 2.0L対向4DOHC/CVT 16.8 km/L
2.0i-S eyesight(アイサイト) 2,592,000円 2.0L対向4DOHC/CVT 15.8 km/L

 

インプレッサスポーツの新車の諸費用(税金や諸経費)

車両本体価格 2,376,000 円
自動車取得税 47,500 円
自動車税(年) 39,500 円
自動車重量税 16,800 円
自賠責保険 40,040 円
諸費用など 50,000 円
リサイクル料金 12,250 円

※おすすめグレード “2.0i-L eyesight(アイサイト)4WD” の場合。

 

新車のインプレッサスポーツの値引きとエコカー減税

取り扱い店舗(新車ディーラー) スバル店
値引き額の相場 2~5 万円
自動車取得税の減税率 20 %
重量税の減税率 25 %

※おすすめグレード “2.0i-L eyesight(アイサイト)4WD” の場合。

 

インプレッサスポーツの下取り価格の傾向

下取り価格の値崩れ予想 購入時から何%まで値崩れしそう??
3年落ち(2020年) 50 %
5年落ち(2022年) 25 %

【車を激安で購入する方法】

>> 車を激安で購入する方法はコチラ <<

インプレッサスポーツの新車と中古車ではどっちがお買い得??

ここまでインプレッサスポーツの新車価格に関して書いてきました。

しかしながら、中古車でのインプレッサスポーツの購入を検討している人も多いはずです。

この不景気の世の中で、新車を買うというのはなかなか大変ですよね。

加えて、年々新車の価格って高騰してきていますから。

あの軽自動車でさえも、簡単に200万円以上の総額になってしまう時代です。

 

ということで、中古車でインプレッサスポーツを買いたい人も少なくないはず。

でも、諦めて欲しくないインプレッサスポーツの新車購入・・・

そこで、限界まで値引き価格を引き出す方法があれば、インプレッサスポーツの新車を諦めずに済むはず。

 

ぜひ、↓こちらの値引き交渉ガイドを読んで、

新車のインプレッサスポーツの購入へと一歩踏み出しましょう!!

新車のインプレッサスポーツを諦めたくない方はこちらへ。

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

新車のインプレッサスポーツを安い維持費で乗るには??

ここまでは新車のインプレッサスポーツの乗り出し価格に関して書いてきました。

確かに、新車を買う時というのは、値引き交渉でいかに安い総額にするかが大切。

 

でも、車というのは買った後からも非常に大変な維持費の支払いがありますよね。

  • ガソリン代
  • 車検代
  • 修理代
  • 駐車場代
  • タイヤ代
  • 自動車税
  • 自動車保険(任意保険)

という具合に、発狂しそうなくらい維持費用がバカ高いです。

年間の車の維持費ってカンタンに20~30万円をオーバーするもの。

 

では、この超高い車の維持費をカンタンに安くする方法とは、

 

「自動車保険を見直すこと!!」

 

です。

実は、同じような補償内容と特約・サービスであっても、保険料がグーンと安くなるケースが多いのです。

しかも、無料で多数の保険会社から見積もり書をゲットできるので、これは試してみる価値がありますよね。

数万円安くなった事例に留まらず、5万円以上も安くなることがあるのです。

 

ぜひ、↓こちらの自動車保険の攻略ガイドを読みながら、

あなたの保険料を安く抑え込みましょう!!

新車割引と見積もりで最安値の保険料を見つけよう!!

【朗報♪】現在の愛車でも保険料の見直しが可能。