レクサスRC 350 300h 200t 評価

レクサスRCの「350」「300h」「200t」の評価をそれぞれまとめました。

新車でも中古車でも素敵なレクサスだけに、どんな具合なのか??

今回は、トヨタが誇る高級モデルの記事です!!

レクサスに関しての前フリ

現行レクサスは、2016年8月に改良を受けたモデルです。

位置づけとしては、レクサスブランドのラグジュアリークーペ。

以前はこのクラスに「ソアラ」もありましたが、現在はこのRC及びそのスポーツグレードのRCFのみとなります。

 

全長 4,695mm x 全幅 1,840mm x 全高 1,395mm。

見た目の印象は、クルマとしてだいぶ大きく威圧感があるスポーツカーの印象。

そして車内に乗り込むと…一転してスポーティーというよりは、セダンにでも乗り込んだようなラグジュアリーな内装です。

 

すでに死語?となりましたが、ソアラがハイソ・カー(ハイソサエティ・カー)と呼ばれてクラス分けされていた時代がありました。

昔の日産レパードとかがそうでした。

(あぶない刑事で、ユウジとタカが乗ってた覆面パトカーですね。)

 

スポーツっぽくて、内装はラグジュアリー、こういう車って結構少ないんです。

では、レクサスRCの各グレードをエンジンサイズで見ていきましょう。

レクサスRCの350の評価

3.5L V6 2GR-FSE型のNAエンジンを搭載するRC350。

最上級グレードというだけあって、とても立派な価格と出力スペック。

“version L” の標準価格は、税込6,632,000円。

最高出力[NET]234 (318) / 6,400 kW(PS)/r.p.m.

最大トルク[NET]380 (38.7) / 4,800 N・m(kgf・m)/r.p.m.

国産の最高級クーペが欲しい方は、これで決まりです。

レクサスRCの300hの評価

2.5L 直4 2AR-FSE型エンジンをコアとするハイブリッドモデル。

JC08モード燃費で23.2Km/L。

エコを大きく追及したシステムではありませんが、この手の車が実燃費14~15Kmで走るなんて、すばらしいですよね。

そしてRC300hがEV状態で走っているときは、ものすごく静かです。

 

さらにモーターでアシストされた加速力だってものすごくスポーティ。

 

RC300hは、最上位グレードのRC350に比べて30万以上安く、お得でオススメのグレードです。

このモデルのみ、無段変速機仕様となります。

レクサスRCの200tの評価

2.0L 直4 8AR-FTS型の直噴ターボエンジンを搭載しています。

RC350のJC08モード燃費が9.8km/Lなのに対し、RC200tは13.0Km/L。

最近の傾向であるダウンサイジングターボ化傾向の一つなのでしょうか?

RC200tは2015年秋から追加設定されたグレードです。

 

車両重量はRC350とほどんど変わらず、エンジン出力・トルクでもRC350よりは控えめですが、

 

RC200tのスペックとしては、

最高出力[NET]180 (245) /5,800 kW(PS)/r.p.m.

最大トルク[NET]350 (35.7) /1,650~4,400 N・m(kgf・m)/r.p.m.

と十分に強靭。

 

価格もRC350と比較して、80万くらい安いので、十分高級で、十分オトクなモデルと言えるでしょう。

RC200tは隠れたオススメグレードです。

 

通常仕様の「version-L」の他に、それぞれスポーツグレードの「F SPORT」があります。

スポーツ設定のサスペンションや、専用ブレーキの他、F SPORT専用8インチTFT液晶式メーター等を装備しています。

まとめ-レクサスRCの評価

では、レクサスRCの各グレードについてまとめておきますと、

・レクサスRCは、通常仕様のVersion-LとSPORTSグレードのF SRPOTがあります

・レクサスRC最上級グレードはRC350、国産最高級クーペ

・ハイブリッドモデルはRC300h、維持費や静粛性で選ぶならこのグレードであり、パフォーマンスも十分

・ダウンサイジングターボのRC200tは、十分なパフォーマンスでお得感満載、ハイブリッド人気の今日、隠れたオススメグレードです

さすがレクサスだけあって、素晴らしいの一言。

あとは値引き交渉が意味ないのが難点か・・・

【車を激安で購入する方法】

>> 車を激安で購入する方法はコチラ <<

【車の乗り換え体験談】

>> 次回はこの作戦で!! <<