(※最終更新日:2017/2/12 最新版)

エスクードの値引き限界と価格の情報2017

エスクード 値引き 2017 新車 ランドブリーズ

スズキのSUV車エスクード値引きを限界に!!

2017年もSUVの人気が半端ないですよね!!

ぜひとも新車で購入したいエスクードの値引き交渉術と、

さらには維持費の節約術についても解説します!!

 

エスクードの新車を激安価格で購入するための

ノウハウをお伝えします!!

 

まずは、エスクードの最新の動向や、値引き額のデータをおさらいしておきます。

近年のエスクードの動向

&

おすすめ交渉時期

初登場 or フルモデルチェンジした時期 2015年10月
マイナーチェンジした時期 なし
おすすめ交渉時期 2月、3月、7月、8月、11月、12月
人気のグレードは?? グレードは2WD or 4WDのみ
人気のオプションは?? 特になし

エスクードの値引き額の相場は・・・

5~15万円が相場!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

 

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

エスクードの値引き相場と耳寄り交渉情報

スズキの小型SUV車として販売されているエスクード。

2017年も大人気の小型SUVのカテゴリーだけに、エスクードのライバル車種は多いです。

つまりは、それだけ多くのライバル車種との値引き競争をさせることが可能であり、

交渉次第では値引き価格の相場の限界突破も夢じゃない??

 

ここで、新車のエスクードの値引き額の相場は、5~15万円程度。

乗り出し価格が250万円を超えるエスクードに対し、15万円の値引きができたら嬉しいですよね。

そこで、商談で持ち込みたいライバル車種の見積もり書としては、

  • ホンダのヴェゼル
  • トヨタのC-HR
  • 日産自動車のジューク
  • スバルのXV
  • マツダのCX-3

の中からいくつを選ぶと良いでしょう。

 

ただし、値引き額を競い合わせるだけでは、エスクードの値引きを限界まで引き出すことは難しいはず。

そこで、私がおすすめしている、

1. 下取り査定と買取査定の二刀流を駆使

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

 

2. 値引き交渉では引き算購入法を利用

を実践し、エスクードの新車を激安で購入していきましょう。

 

↓こちらの値引き交渉マニュアルで

エスクードを格安価格で購入しよう!!

エスクードの値引き額の限界はズバリ・・・

15万円!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

 

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

【最新情報2017】新車のエスクードをしっかりと値引き!!

ということで、エスクードの新車からガッツリと値引きを引き出すノウハウを書いていきます。

 

まずは、おすすめの商談スケジュールについてですが、

  • 1月や2月に交渉をスタートさせ、3月に納車
  • 7月や8月に交渉をスタートさせ、9月に納車

を狙うと良いでしょう。

3月や9月といった決算時期は、ディーラーが値引き価格の限界を大きくする時であり、

商談するにはおすすめな時期なのです。

 

さらに、重要なポイントとしては、

1.下取り査定だけでなく、買取査定も受けておくこと。

2.値引き交渉では引き算購入法を利用すること。

があります。

続いてはこれらに関して解説していきます。

エスクードの値引きの前に下取り査定で損をしてきた私・・・

まずは、下取り査定に関するアドバイスですが、

 

買取査定と比較して高い方で売るべし!!

 

ということ。

恐らく、多くの方々が下取り査定に出してしまっていますが、実際は買取査定と比較した方が高く売れますよね。

やはり、車もどこに売るのか次第で、売却可能額に大きな金額差が生じますから。

ディーラーだって、できるだけ安い値段で下取りをして、中古車としての再販売で利益を大きくしたいはずです。

そこで、ディーラーとは別で買取査定を受けてみて、より高い方で愛車を売ることが重要。

加えて、営業マンによる値引き充当というテクニックに騙されないように気を付けましょう!!

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

エスクードの値引き交渉では引き算購入法を!!

一方で、エスクードの値引き交渉に関してですが、引き算購入法というテクニックがおすすめです。

 

ここで、引き算購入法とは、

「引き算購入法とは??」

最初はエスクードに不要なオプションや装備を付けておく。

⇒ 値引き交渉が進んで価格が落ち着いて来たら、いらないオプションと装備を外すだけ♪

という初心者も口下手な方も取り組みやすいノウハウです。

 

↓ぜひ、こちらの値引き交渉ガイドを読んで、

エスクードを最安値で購入しましょう!!

激安でエスクードを新車購入!!

>> 新車を限界まで値引きする方法はコチラ <<

エスクードの見積もり書を入手して値引き額の目標設定!!

さて、続いてはエスクードの見積もり書の作成に関してですが、

ディーラーで見積もりを作ってもらうとなると商談に持ち込まれやすいですよね。

まぁ、営業マンからしたら、見積もり書を作る=交渉OKという認識になります。

しかしながら、エスクードの見積もりと自分の予算を比較してから、

実際に商談に入るかどうかを決めておきたいところ。

 

そこで、非常におすすめなのが、エスクードの見積もり書をコソッと入手できるサービス。

★見積もりはオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

エスクード以外のライバル車種の見積もり書も一緒に取り寄せると良いでしょう。

ヴェゼルやCX-3、ジューク、スバルXV、C-HRなどなど。

 

見積もり書を入手できたら、

↓こちらの値引き交渉マニュアルをチェック!!

エスクードの目標値引き額を引き出す!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

エスクードの新古車(未使用車)や中古車を狙うのもアリ!!

さて、ここまでは新車のエスクードを購入することを前提に書いてきましたが、

新古車や中古車を買うのもおすすめですよね。

やはり、乗り出し価格を比較してみると、中古や新古の方が激安な値段になります♪

 

しかも、たとえエスクードを新車で買ったとしても、

購入価格の45%(3年後) ⇒ 25%(5年後)

数年後には↑のような具合で価値が値下がりしてしまいます。

どんな車もいつかは値崩れするものですし、新車購入のデメリットの1つがこれ。

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

 

そのため、いつか値崩れすることを考えると、中古車や新古車でエスクードを安く購入し、

かつ、将来の値崩れ幅を小さくする対策もおすすめ。

 

↓こちらの “中古車” & “新古車(未使用車)” を

見つけてきてくれるサービスがおすすめ!!

新車のエスクードを諦めたくない方はこちらへ。

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

エスクードの値引き額が小さい(泣)⇒維持費の節約!!

さて、ここまでは新車のエスクードの乗り出しまでについて書いてきました。

一方で、車は維持するための費用がバカ高いですし、節約術も重要となります。

車の維持費なんて年間で30万円を超えることはザラですしね。

 

そこで、維持費の節約方法としておすすめなのが、

 

自動車保険の見直し

 

です。

 

車の維持費には、

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 車検費用
  • 修理代
  • 税金
  • スタッドレスタイヤ

がありますが、この中でも簡単に節約しやすいのが任意保険の保険料だと言えます。

 

意外なことに、同じような補償内容と特約サービスであったとしても、保険料を数万円以上も節約できるケースが多いです。

特に嬉しいことに、5万円以上の節約に成功された人もいるくらいです。

 

ぜひ、↓の保険料の節約ガイドで、

エスクードの維持費を節約しましょう。

新車割引と見積もりで最安値の保険料を見つけよう!!

【朗報♪】現在の愛車でも保険料の見直しが可能。

エスクードの値引き額を限界まで引き出すために

最後に、今回のスズキ・エスクードの記事内容をまとめておきます。

  1. エスクードを新車で買う場合、値引き額の相場は5~15万円。
  2. 買取査定と下取り査定の結果を比較し、より高い方で売却しよう!!
  3. 値引き交渉テクニックとしては、引き算購入法が一番おすすめです!!

以上が新車のエスクードの商談において絶対に忘れてはいけない3点です。

 

ぜひ、こちらの値引き交渉ガイドを読んで、

エスクードの値引き交渉を成功させましょう!!

【基本情報】エスクードの価格表や乗り出しまでの費用

エスクードの値引き交渉や維持費の対策を把握できたところで、

価格表などの基本的な情報をまとめておきます。

 

各グレードの価格表

グレード名 価格 エンジン/ミッション 燃費
2WD(FF)
1グレードのみ 2,127,600円 1.6L直4DOHC/6AT 18.2 km/L
4WD
1グレードのみ 2,343,600円 1.6L直4DOHC/6AT 17.4 km/L

 

エスクードの購入情報(4WDの場合)

車両本体価格 2,343,600 円
自動車取得税 58,500 円
自動車税(年) 39,500 円
自動車重量税 36,900 円
自賠責保険 40,040 円
諸費用など 50,000 円
リサイクル料金 11,920 円

 

エスクードの値引きとエコカー減税

取り扱い店舗(新車ディーラー) スズキ店、アリーナ店
値引き額の相場 5~15 万円
自動車取得税の減税率 0 %
重量税の減税率 0 %

※おすすめグレード “4WD” の場合。

 

エスクードの下取り価格の傾向

下取り価格の値崩れ予想 購入時から何%まで値崩れしそう??
3年落ち(2020年) 45 %
5年落ち(2022年) 25 %

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

 

エスクードの自動ブレーキ(レーダーブレーキサポートⅡ)

対物
対人 X
上限速度 100 km/L

 

エスクードの値引き額の目標は15万円!!

【愛車を売るなら高く売ろう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪