(※最終更新日:2017/2/6 最新版)

ウェイクの値引き限界と価格の情報2017

ウェイク 値引き 新車 価格 2017 総額 交渉 見積もり

ダイハツのウェイクと言えば車中泊などの遊び心満載のモデル!!

そのため、新車で購入するとなると価格帯が少し高めな軽自動車です。

 

お得な値引き交渉術と節約方法で総額を安くして、

2017年はウェイクでのびのびとカーライフを楽しみましょう!!

ウェイクの新車の見積もりと予算を気にする人は必見!!

 

新車のウェイクの値引き交渉術や

総額の節約ノウハウをお伝えします!!

 

まずは、ウェイクの最新の動向や、値引き額のデータをおさらいしておきます。

近年のウェイクの動向

&

おすすめ交渉時期

初登場 or フルモデルチェンジした時期 2014年11月
マイナーチェンジした時期 2016年5月
おすすめ交渉時期 2月、3月、7月、8月、11月、12月
人気のグレードは?? D・SAⅡ
人気のオプションは?? 純正ナビ装着用アップグレードパック、ドライビングサポートパック、レジャーベースパック

ウェイクの値引き額の相場は・・・

5~10万円が相場!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

 

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

ウェイクの値引き相場と耳寄り交渉情報

車中泊ができそうな広々空間がウリのダイハツのウェイク。

軽自動車で小回りの利く操縦性ながら、背の高さのあるボディであるモデルです。

ダイハツにはたくさんの軽自動車がラインナップされていますが、

ウェイクに関しては車中泊やアウトドアといった遊び心が満載。

 

そのため、ライバル車種としてはホンダのN-BOXやN-BOX+(プラス)、フリードプラスでしょう。

ウェイクを含めてこれらの車種はまさにレジャー向けにデザインされていますし、

GWや夏休みなどのレジャーシーズンに超おすすめの1台。

 

そして、新車で購入する場合、価格帯が200万円前後の総額になるかと思います。

やはり、最近の軽自動車は普通に200万円を超える金額になってますよね。

 

ということで、ウェイクから値引き価格を限界まで引き出したいところですが、

先ほども挙げたライバル車種と競い合わせることが重要です。

ホンダのN-BOX、N-BOXプラス、フリードプラスの見積もり書と、

ウェイクの見積もりを闘わせることが大切だと言えます。

 

しかしながら、それだけではウェイクから限界まで値引きを引き出すのは難しいはず。

そこで、私がおすすめの、

1. 下取り査定と買取査定の二刀流を駆使

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

 

2. 値引き交渉では引き算購入法を利用

をすることで、ウェイクの新車価格を限界まで引き出しましょう。

 

↓こちらの値引き交渉マニュアルで

ウェイクを格安価格で購入しよう!!

ウェイクの値引き額の限界はズバリ・・・

10万円!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

 

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

【最新情報2017】新車ウェイクをしっかりと値引き!!

さて、ここからはウェイクの新車購入ガイドとしてより詳しく書いていきます。

 

最初におすすめの商談時期についてですが、

  • 1月~2月
  • 7月~8月

といった決算時期に交渉を始めておくと良いでしょう。

そして、3月や9月にウェイクが納車されるようにスケジューリングを!!

 

続いては、ここからが本題のウェイクの交渉術についてですが、

1.下取り査定だけでなく、買取査定も受けておくこと。

2.値引き交渉では引き算購入法を利用すること。

の2つを解説していきます。

ウェイクの値引きの前に下取り査定で損をしてきた私・・・

まずは誰しもが必要な対策として、下取りで愛車を安売りしないようにすること。

ディーラーもあなたから下取りした車を中古車として再販売しますから、

どうしても安い値段で下取りをしたいのです。

 

そのため、下取り価格をすぐに鵜呑みにするのではなくて、

下取り価格と買取価格のどちらが高いかを比較検討しましょう。

つまりは、

 

ディーラーの下取り査定 vs 中古車業者の買取査定

 

によって、より高い方に愛車を売るのです。

加えて、買取査定を受けておけば、ディーラーの営業マンによる値引き充当というテクニックに騙されないようになります。

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

ウェイクの値引き交渉では引き算購入法を!!

続いて、ウェイクを新車で購入するとなると、値引き交渉が大事になってくるのですが、

引き算購入法というノウハウが非常におすすめです。

 

この引き算購入法とは、

「引き算購入法とは??」

最初はウェイクに不要なオプションや装備を付けておく。

⇒ 値引き交渉が進んで価格が落ち着いて来たら、いらないオプションと装備を外すだけ♪

といった初心者でも、口下手な人でも、サクッと実践できるノウハウです。

 

↓ぜひ、こちらの値引き交渉ガイドを読んで、

ウェイクを最安値で購入しましょう!!

ウェイクの見積もり書を入手して値引き額の目標設定!!

さて、ここまではウェイクの新車購入について書いてきました。

次に見積もり書の作成についてですが、ディーラーで作ってもらうとなると、

どうしても商談に持ち込まれそうですよね。

やはり、営業マンからしてみれば、見積もり書を作る=ホットな見込み客です。

 

でも、やはり、見積もり書と自分の予算を比べてみて、熟考してから商談に入りたいですよね。

そこで、非常におすすめなのが、インターネットからウェイクの見積もりをコソッとゲットできるサービス。

★見積もりはオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

ウェイクだけでなく、N-BOXやN-BOX+、フリードプラスの見積もり書も取り寄せておき、

商談の時に武器として利用しましょう!!

 

見積もり書を入手できたら、

↓こちらの値引き交渉マニュアルをチェック!!

ウェイクの目標値引き額を引き出す!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

ウェイクの新古車(未使用車)や中古車を狙うのもアリ!!

ここまでは新車のウェイクの話がメインでしたが、中には中古車や新古車で買いたい人もいるはず。

やはり、どれだけ値引き交渉を頑張っても、中古や新古には敵いませんからね。

 

さらには、たとえウェイクが新車であっても、

購入価格の40%(3年後) ⇒ 20%(5年後)

数年後には↑のように売却価格が値崩れしてしまいます。

これは絶対に避けられないことですし、どんな車もいずれは中古車となると価値が下がります。

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

 

そのため、中古 or 新古のウェイクで乗り出し価格を大きく節約しつつ、

数年後に訪れる大きな値崩れ対策もしておくのが良いでしょう。

中古や新古ならば、購入時の価格よりもダウンする幅が小さいはず。

 

↓こちらの “中古車” & “新古車(未使用車)” を

見つけてきてくれるサービスがおすすめ!!

新車のウェイクを諦めたくない方はこちらへ。

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

ウェイクの値引き額が小さい(泣)⇒維持費の節約!!

ここまでは、ウェイクの乗り出しまでのノウハウや注意点について書いてきました。

一方で、車というのは維持費についても頭を悩ましてしまうものですよね。

普通に年間あたりの維持費が30万円を超えてしまうものですし、

ちゃんと節約をしておきたいはず。

 

そこで、おすすめな節約方法が、

 

自動車保険の見直し

 

です。

 

ここで、車の維持費の種類をリストアップしてみると、

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 車検費用
  • 修理代
  • 税金
  • スタッドレスタイヤ

があるわけですが、簡単に節約しやすいのが自動車保険。

 

実は、任意保険の補償内容や特約サービスが似たような感じなのに、

契約する保険会社を変更することで数万円も保険料が安くなることがあります。

場合によっては、5万円以上も節約できた人がいるくらいです。

 

ぜひ、↓の保険料の節約ガイドで、

ウェイクの維持費を節約しましょう。

新車割引と見積もりで最安値の保険料を見つけよう!!

【朗報♪】現在の愛車でも保険料の見直しが可能。

ウェイクの値引き額を限界まで引き出すために

最後に、ウェイクの値引きに関してまとめておきます。

  1. 新車のウェイクの値引き額の相場は5~10万円。
  2. 下取り査定と買取査定の結果を闘わせること!!
  3. 引き算購入法を利用すれば、値引き額を限界まで引き出しやすい!!

これらの3ポイントをおさえて、ウェイクの新車商談に臨まれると良いでしょう。

 

ぜひ、こちらの値引き交渉ガイドを読んで、

ウェイクの値引き交渉を成功させましょう!!

【基本情報】ウェイクの価格表や乗り出しまでの費用

ウェイクの値引き交渉や維持費の対策を把握できたところで、

価格表などの基本的な情報をまとめておきます。

 

各グレードの価格表

グレード名 価格 エンジン/ミッション 燃費
2WD(FF)
D 1,350,000円 660直3DOHC/CVT 25.4 km/L
D・SAⅡ 1,414,800円 660直3DOHC/CVT 25.4 km/L
L・SAⅡ 1,555,200円 660直3DOHC/CVT 25.4 km/L
LレジャーエディションSAⅡ 1,598,400円 660直3DOHC/CVT 25.4 km/L
GターボSAⅡ 1,674,000円 660直3DOHCターボ/CVT 23.8 km/L
GターボレジャーエディションSAⅡ 1,717,200円 660直3DOHCターボ/CVT 23.8 km/L
4WD
L・SAⅡ 1,679,400円 660直3DOHC/CVT 24.6 km/L
LレジャーエディションSAⅡ 1,722,600円 660直3DOHC/CVT 24.6 km/L
GターボSAⅡ 1,798,200円 660直3DOHCターボ/CVT 23.2 km/L
GターボSAⅡ 1,841,400円 660直3DOHCターボ/CVT 23.2 km/L

 

ウェイクの購入情報(GターボSAⅡの場合)

車両本体価格 1,674,000 円
自動車取得税 11,100 円
自動車税(年) 10,800 円
自動車重量税 3,700 円
自賠責保険 37,780 円
諸費用など 30,000 円
リサイクル料金 9,520 円

 

ウェイクの値引きとエコカー減税

取り扱い店舗(新車ディーラー) ダイハツ店
値引き額の相場 5~10 万円
自動車取得税の減税率 60 %
重量税の減税率 50 %

※おすすめグレード “GターボSAⅡ” の場合。

 

ウェイクの下取り価格の傾向

下取り価格の値崩れ予想 購入時から何%まで値崩れしそう??
3年落ち(2020年) 40 %
5年落ち(2022年) 20 %

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

 

ウェイクの自動ブレーキ(スマートアシストⅡ)

対物
対人
上限速度 50 km/L

 

ウェイクの値引き額の目標は10万円!!

【愛車を売るなら高く売ろう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪