(※最終更新日:2017/2/5 最新版)

スペーシアの値引き限界と価格の情報2017

スペーシア 値引き 新車 価格 2017 実例 総額 相場 情報

スペーシア値引き価格相場2017!!

新車でスペーシアを購入したい人必見!!

実例を元にした値引き額の相場情報と、値引き交渉ガイドをお届け!!

スペーシアカスタムZも登場し、話題沸騰のスズキ・スペーシアの新車を安く買う方法!!

 

スペーシアの新車を激安価格で購入するための

ノウハウをお伝えします!!

 

まずは、スペーシアの最新の動向や、値引き額のデータをおさらいしておきます。

近年のスペーシアの動向

&

おすすめ交渉時期

初登場 or フルモデルチェンジした時期 2013年2月
マイナーチェンジした時期 2015年5月
おすすめ交渉時期 2月、3月、7月、8月、11月、12月
人気のグレードは?? X
人気のオプションは?? デュアルカメラブレーキサポート、メモリーナビ、ディスチャージヘッドランプ

スペーシアの値引き額の相場は・・・

6~13万円が相場!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

 

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

スペーシアの値引き相場と耳寄り交渉情報

軽自動車メーカーとして名を馳せているスズキ。

ダイハツと同じく、軽自動車の開発メーカーとして日本を代表する会社ですよね。

そのスズキのスペーシアと言えば、長年愛されてきた軽自動車モデル。

まさに、軽のベストセラーだと言えます。

 

特に、そのエクステリアデザインには、女性が気に入るような施しがされています。

しかも、ターボ仕様車もラインナップされており、男性ウケもGOOD!!

このように、スペーシアは老若男女から親しまれている車だと言えます。

 

ただし、軽自動車も近年は価格高騰してきており、スペーシアの新車価格もなかなかのもの。

一昔前までは軽自動車の乗り出しの値段は、総額で100万円前後だったはず。

しかしながら、現在はスズキをはじめ、ダイハツやホンダの軽自動車も200万円が相場と言ったところ。

 

ですから、スズキのスペーシアもガッツリ値引きしたいですよね??

そこで、ディーラーの営業マンとの商談では、

  • ホンダのN-BOX
  • ダイハツのタント
  • スズキ店 vs スズキアリーナ店

で値引き競争を仕掛けると効果的です。

目標の値引き額の相場としては、6~13万円が良いでしょう。

 

そして、私がおすすめしている、

1. 下取り査定と買取査定の二刀流を駆使

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

 

2. 値引き交渉では引き算購入法を利用

のノウハウを展開すれば、良い感じで新車のスペーシアから値引きを引き出せるはず。

 

↓こちらの値引き交渉マニュアルで

スペーシアを格安価格で購入しよう!!

スペーシアの値引き額の限界はズバリ・・・

13万円!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

 

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

【最新情報2017】新車のスペーシアをしっかりと値引き!!

さて、ここからはさらに、スペーシアの値引き交渉術について書いてきます。

まず、商談をスタートするべき時期についてですが、

  • 1月~2月
  • 7月~8月

といった決算時期の前が良いでしょう。

そして、スペーシアの納車日が3月 or 9月となるようにスケジュールを組みましょう。

ディーラーが新車販売台数を伸ばしたい時期というのは、値引き額が大きくなる傾向です。

 

さらに確実に実践しておきたいのが、

1.下取り査定だけでなく、買取査定も受けておくこと。

2.値引き交渉では引き算購入法を利用すること。

の2つのノウハウです。

スペーシアの値引きの前に下取り査定で損をしてきた私・・・

まず、私もそうだったのですが、

 

多くの人達が下取り査定で大損している!!

 

ということ。

以前までの私は、ディーラーから提示された下取り価格を信じて、カンタンに鵜呑みにしていました。

まぁ、いつもお世話になっている営業さんでしたし、信頼しきっていたんですよね。

とは言え、ディーラーだってあなたから下取りした車を中古車として再販売するのですから、

できるだけあなたから安く買い叩きたいのです。

 

そこで、ディーラーの下取り価格が妥当かどうかチェックするために、

 

ネットの買取査定を受けること!!

 

が重要です。

そして、ディーラーと買取業者さんのどちらが高額で引き取ってくれるかを比較し、

高い方に愛車を売ると損なく愛車を手放せるはず。

 

加えて、ディーラーの営業マンからの値引き充当というテクニックには要注意です!!

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

スペーシアの値引き交渉では引き算購入法を!!

続いて、スズキのスペーシアの値引き交渉では、引き算購入法がおすすめです。

 

ここで、引き算購入法とは、

「引き算購入法とは??」

最初はスペーシアに不要なオプションや装備を付けておく。

⇒ 値引き交渉が進んで価格が落ち着いて来たら、いらないオプションと装備を外すだけ♪

な非常にカンタンで、初心者や口下手といった誰でもできる商談テクニックです。

 

↓ぜひ、こちらの値引き交渉ガイドを読んで、

スペーシアを最安値で購入しましょう!!

激安でスペーシアを新車購入!!

>> 新車を限界まで値引きする方法はコチラ <<

スペーシアの見積もり書を入手して値引き額の目標設定!!

さて、ここまで、スペーシアを新車で購入する時のノウハウについて書いてきました。

続いてはスペーシアの見積もり書を作りたいところですが、

ディーラーに出向くとなると商談に持ち込まれそうで気が引けませんか??

営業マンも見積もり書を作ったとなると、見込み客であると強く思い、

商談を持ち掛けてもOKだと思いがち。

 

しかしながら、車というのは高い買い物ですし、見積もり書と自分の予算を比較してから、

本当に交渉に入るかどうか決めたいところ。

 

そこで、非常におすすめなのが、インターネットからスペーシアの見積もり書をお取り寄せできるこちらの無料サービス。

★見積もりはオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

値引き競争をさせるホンダ・N-BOXや、ダイハツ・タントの見積もり書も併せて取り寄せると良いでしょう。

 

見積もり書を入手できたら、

↓こちらの値引き交渉マニュアルをチェック!!

スペーシアの目標値引き額を引き出す!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

スペーシアの新古車(未使用車)や中古車を狙うのもアリ!!

ここまでは、新車でスペーシアを購入するという前提で話を進めてきました。

一方で、新古車や中古車でスペーシアを買うのもアリですよね。

やはり、乗り出し価格の総額というのは、新古や中古に勝るものはないでしょう。

特に、新古車なんてお宝を掘り出せれたら、クルマへの出費を安く抑えられます。

 

そして、たとえスペーシアの新車でさえ、数年も経過すれば、

購入価格の40%(3年後) ⇒ 20%(5年後)

という風に段々と価値が下がっていきます。

これは仕方がないことですし、スペーシアの新車も中古車となれば価値が下がります。

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

 

以上のように、いずれ値崩れの時期が来るのですから、中古や新古でスペーシアを購入すると家計は助かるはず。

乗り出し価格が安い分、数年後の値崩れ幅が小さくなりますからね。

 

↓こちらの “中古車” & “新古車(未使用車)” を

見つけてきてくれるサービスがおすすめ!!

新車のスペーシアを諦めたくない方はこちらへ。

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

スペーシアの値引き額が小さい(泣)⇒維持費の節約!!

さて、以上まではスペーシアの乗り出し前までのガイドでした。

一方で、車というのは維持費も本当に高いですよね。

年間あたりでは、カンタンに30万円もの費用が飛んで行くのが車です。

 

そこで、車の維持費の節約のためにも、

 

自動車保険の見直し

 

は必ずしておきましょう。

 

車の維持費というのは、

  • ガソリン料金
  • 駐車場の月謝
  • 車検の費用
  • 修理料金
  • 自動車税、自動車重量税
  • スタッドレスタイヤの出費

が挙げられ、これらの中でも簡単に節約しやすいのが任意保険の保険料。

 

しかも、これまでと同じような補償や特約サービスにも関わらず、数万円単位で保険料が安くなることが多い。

さらには、5万円以上も安くなった人がいるくらいですから。

ぜひ、↓の保険料の節約ガイドで、

スペーシアの維持費を節約しましょう。

新車割引と見積もりで最安値の保険料を見つけよう!!

【朗報♪】現在の愛車でも保険料の見直しが可能。

スペーシアの値引き額を限界まで引き出すために

最後に、今回のスペーシアの記事内容をまとめておきますと、

  1. スペーシアの新車で、値引き額の相場は6~13万円。
  2. 下取り査定と買取査定の両方を受けて比較し、高い方で売ること!!
  3. 値引き交渉では引き算購入法を利用するのがおすすめ!!

以上が新車でスペーシアを買う時に実践しておきたい3点です。

 

ぜひ、こちらの値引き交渉ガイドを読んで、

スペーシアの値引き交渉を成功させましょう!!

【基本情報】スペーシアの価格表や乗り出しまでの費用

スペーシアの値引き交渉や維持費の対策を把握できたところで、

価格表などの基本的な情報をまとめておきます。

 

各グレードの価格表

グレード名 価格 エンジン/ミッション 燃費
2WD(FF)
G 1,274,400 円 660cc直3DOHC+モーター/CVT 32 km/L
G・デュアルカメラブレーキサポート装着車 1,350,000 円 660cc直3DOHC+モーター/CVT 32 km/L
X 1,382,400 円 660cc直3DOHC+モーター/CVT 32 km/L
X・デュアルカメラブレーキサポート装着車 1,458,000 円 660cc直3DOHC+モーター/CVT 32 km/L
カスタムGS 1,528,200 円 660cc直3DOHC+モーター/CVT 30.6 km/L
カスタムGS・デュアルカメラブレーキサポート装着車 1,603,800 円 660cc直3DOHC+モーター/CVT 30.6 km/L
カスタムXS 1,641,600 円 660cc直3DOHC+モーター/CVT 30.6 km/L
カスタムXS・デュアルカメラブレーキサポート装着車 1,717,200 円 660cc直3DOHC+モーター/CVT 30.6 km/L
T 1,490,400 円 660cc直3DOHCターボ+モーター/CVT 26.8 km/L
T・デュアルカメラブレーキサポート装着車 1,566,000 円 660cc直3DOHCターボ+モーター/CVT 26.8 km/L
カスタムGSターボ 1,603,800 円 660cc直3DOHCターボ+モーター/CVT 26.8 km/L
カスタムGSターボ・デュアルカメラブレーキサポート装着車 1,679,400 円 660cc直3DOHCターボ+モーター/CVT 26.8 km/L
カスタムXSターボ 1,717,200 円 660cc直3DOHCターボ+モーター/CVT 26.8 km/L
カスタムXSターボ・デュアルカメラブレーキサポート装着車 1,792,800 円 660cc直3DOHCターボ+モーター/CVT 26.8 km/L

 

スペーシアの購入情報(Xデュアルカメラブレーキサポート装着車の場合)

車両本体価格 1,458,000 円
自動車取得税 0 円
自動車税(年) 10,800 円
自動車重量税 0 円
自賠責保険 37,780 円
諸費用など 30,000 円
リサイクル料金 9,670 円

 

スペーシアの値引きとエコカー減税

取り扱い店舗(新車ディーラー) スズキ店、スズキアリーナ店
値引き額の相場 6~13 万円
自動車取得税の減税率 100 %
重量税の減税率 100 %

※おすすめグレード “Xデュアルカメラブレーキサポート装着車” の場合。

 

スペーシアの下取り価格の傾向

下取り価格の値崩れ予想 購入時から何%まで値崩れしそう??
3年落ち(2020年) 40 %
5年落ち(2022年) 20 %

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

 

スペーシアの自動ブレーキ(デュアルカメラブレーキサポート)

対物
対人
上限速度 100 km/L

 

スペーシアの値引き額の目標は13万円!!

【愛車を売るなら高く売ろう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪