シエンタ 新車 値引き 価格 乗り出し 総額 見積もり

2017年も好調なシエンタ新車値引き価格!!

総額乗り出し見積もりつつ、値引き額を限界まで引き出しましょう!!

乗り出し後のシエンタの維持費に関しても節約ガイド!!

(※最終更新日:2017/1/21)

シエンタの新車の値引き価格は・・・

5~11万円が相場!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

新車のシエンタの値引き価格を限界まで!!

シエンタの新車が凄く素晴らしい・・・

と感慨深い気持ちでトヨタのディーラーへ足を運びたい方が多いことでしょう。

私もその一人で、街中を走る最近の新型シエンタを見て「この車すごくイイ♪」と感動。

カラーリングのバリエーションには突飛なものがありますが、コンパクトなワゴンで室内空間も広々。

ハイブリッドシステムも良い感じですし、ガソリン代に対する燃費の有り難みも感じられます。

 

ライバル車種としてはホンダのフリード/フリードプラス/フリードスパイクですよね。

ホンダもトヨタのシエンタに負けないくらいのコンパクトミニバンを用意。

やはり、コンパクトミニバンのカテゴリーではトヨタとホンダですね!!

 

ただ、シエンタの新車の価格帯としては、オプションが加わると200万円に達することでしょう。

リーズナブルな価格設定であるとは言え、シッカリと値引き額を大きくしていきたいところ。

加えて、乗り出し価格を安くすることも大切ですが、年間の維持費のガイドもこの記事で書いていきます。

 

詳しくは、

>> 新車購入の値引き相場!買取と交渉で限界まで安くするガイド!

の記事で新車購入のガイドをしているのですが、ここでも触れておきますと、

「トヨタの新車のシエンタを安く買う方法」

1.下取り査定と買取査定の二刀流で愛車を高く売ること!!

2.値引き交渉では引き算購入法で限界まで引き出すこと!!

※値引き額で競い合わせるライバル車種はホンダのフリードをぶつけよう!!

が重要なポイントとなってきます。

 

まずは下取り査定についてですが、これはたくさんの人達が愛車を手放す時に大損しています。

というのも、

 

下取り価格が高いのか安いのかがわからない!!

 

ですよね。

これは中古車市場のプロではない我々にとって当然のことです。

ディーラーもあなたから買い取った車を中古市場へと流すワケですし、可能な限り安く買い叩きたいのです。

加えて、値引き充当という営業マンが頻繁に使ってくるテクニックにはご注意を!!

【下取りで大損しないように買取査定を受けよう!!】

《クリック》30秒で無料一括査定!下取りよりも高く売る♪

 

そして、値引き交渉に関しては、

「引き算購入法が超おすすめ!!」

最初はシエンタに不要だけど高額なオプションと装備を付けておく。

⇒ 交渉が進んである程度の値引き価格になったら、いらないオプションと装備を外すだけ♪

というとても簡単な商談テクニックであり、初心者や口下手でもおすすめなノウハウ。

 

詳しくはこちら!!

【車を激安で購入する方法】

>> 車を激安で購入する方法はコチラ <<

シエンタの乗り出し価格をチェック!総額予算は足りていますか?

では、新車のシエンタの商談時の注意ポイントが把握できたら、次は、

「シエンタを新車で買うとなるといくらの価格になるのか??」

「乗り出し価格だけでなく、シエンタの維持費を含めた総額はどれくらい??」

ということをチェックしておきましょう。

 

新車のシエンタの値引き価格の目標としては11万円が目安。

で、ディーラーへと足を運んで見積もりをゲットする前に、おすすめのサービスがあります。

そもそもディーラーで見積もり書を作ってもらうと、何かと商談へと持ち込まれてウザいですよね。

可能であれば営業マンとは顔を会わせずにシエンタの見積もり書を入手したいところ。

そこで、おすすめなのが無料で新車の見積もりを入手できるサービス。

★見積もりはオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

 

シエンタの新車価格を把握できたら、こちらの詳細な値引き交渉マニュアルを確認しておきましょう!!

シエンタの新車の値引き価格を限界へ!!

11万円が目標値引き額!!

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

【新車のシエンタの基本情報】

その未来感のあるデザインと低燃費さ、室内空間の広さで定評のあるトヨタのシエンタ。

新車で購入できれば、ハッピーなカーライフを送れること間違いなしですよね。

ただし、新車価格ですと、オプション込みで200万円は簡単に超えてしまうシエンタ。

上でも書いたように値引き交渉術が大変重要なのですが、値崩れにも要注意です。

 

新車のシエンタであったとしても、数年後は値崩れによって、

購入価格の50%(3年後) ⇒ 25%(5年後)

のような傾向で価値が低くなってしまいます。

 

だからこそ、今回のシエンタの購入時も、今の愛車の売却で買取査定を利用する必要あると言えますね。

シエンタの新車の価格表(車両本体)

グレード名 価格 エンジン/ミッション 燃費
2WD(FF)
X・Vパッケージ(7人乗り) 1,689,709円 1.5L直4DOHC/CVT 20.6 km/L
X(7人乗り) 1,816,363円 1.5L直4DOHC/CVT 20.2 km/L
G(6人乗り) 1,980,327円 1.5L直4DOHC/CVT 20.2 km/L
G(7人乗り) 1,980,327円 1.5L直4DOHC/CVT 20.2 km/L
ハイブリッドX(7人乗り) 2,226,763円 1.5L直4DOHC+モーター/E-CVT 27.2 km/L
ハイブリッドG(6人乗り) 2,329,855円 1.5L直4DOHC+モーター/E-CVT 27.2 km/L
ハイブリッドG(7人乗り) 2,329,855円 1.5L直4DOHC+モーター/E-CVT 27.2 km/L
4WD
X・Vパッケージ(7人乗り) 1,831,091円 1.5L直4DOHC/CVT 15.4 km/L
X(6人乗り) 1,957,745円 1.5L直4DOHC/CVT 15.4 km/L
G(6人乗り) 2,121,709円 1.5L直4DOHC/CVT 15.4 km/L

※E-CVTは電気的CVTの意味。

 

シエンタの新車の諸費用(税金や諸経費)

車両本体価格 1,816,363 円
自動車取得税 18,100 円
自動車税(年) 34,500 円
自動車重量税 11,200 円
自賠責保険 40,040 円
諸費用など 50,000 円
リサイクル料金 10,360 円

※おすすめグレード “X(7人乗り)グレード” の場合。

 

新車のシエンタの値引きとエコカー減税

取り扱い店舗(新車ディーラー) トヨタ全店
値引き額の相場 5~11 万円
自動車取得税の減税率 60 %
重量税の減税率 50 %

※おすすめグレード “X(7人乗り)グレード” の場合。

 

シエンタの下取り価格の傾向

下取り価格の値崩れ予想 購入時から何%まで値崩れしそう??
3年落ち(2020年) 50 %
5年落ち(2022年) 25 %

【車を激安で購入する方法】

>> 車を激安で購入する方法はコチラ <<

シエンタの新車と中古車ではどっちがお買い得??

ここまでは新車のシエンタを購入するガイドを書いてきました。

一方で、新車の総額を知ってシエンタを中古車で買いたいという人も少なくないはず。

中古車ですと、新車と比較して数年後の値崩れ幅が小さいですし、その分はお買い特かも。

 

だけれども、できれば新車で購入したいトヨタのシエンタ。

値引き額を限界まで引き出すことができれば、諦めかけていた新車のシエンタに手が届くはず。

ぜひ、↓こちらの値引き交渉マニュアルを参考にして、

新車のシエンタを激安価格で購入されてみてくださいね!!

新車のシエンタを諦めたくない方はこちらへ。

>>【クリック】新車の値引き交渉ガイド <<

新車のシエンタを安い維持費で乗るには??

ここまでは新車のシエンタを安く購入する方法に関して書いてきました。

一方で、車というのは乗り出し価格だけでなく、その後の維持費を含めた総額を節約することが大切。

低燃費なシエンタと言えども、ガソリン代などの出費は馬鹿になりません。

 

例えば、車の維持費をリストアップしてみますと、

  • ガソリン代
  • 車検費用
  • 修理代
  • 駐車場代
  • 自動車保険(任意保険)
  • タイヤ代
  • 自動車税

といった維持費がバンバン掛かるワケです。

 

これらの維持費を安く抑えるためには、

 

「自動車保険の保険料見直しがカンタン!!」

 

なのです。

実は同じような補償内容や特約・サービスであっても、別の保険会社に切り替えると数万円以上も安くなるケースが多いのです。

時には、5万円以上も保険料が安くなる場合もあります。

 

しかも、たくさんの保険会社から自動車保険の見積もりを無料で取り寄せれます。

ぜひ、↓の保険料に関するガイドをお読みになって、自動車保険を安く節約しちゃいましょう!!

新車割引と見積もりで最安値の保険料を見つけよう!!

【朗報♪】現在の愛車でも保険料の見直しが可能。