新車の値引き交渉の第一歩

新車 車 購入 値引き 相場 買取 交渉

誰しもが安く購入したい新車

どうやったら値引き額を限界まで大きくし、新車をお得に買うことができるのか??

このページでは、

 

初心者でも簡単に値引き交渉で成功する方法をガイド

 

します。

 

本記事で説明している “引き算購入法” は必見ですので、

楽しみにガイドをゆっくりと読み進めていってください♪

車の買い替えは下取りよりも、

買取の方がお得な可能性大!!

↑ クリックすると無料で査定できます。

下取り査定で損していませんか??

下取り査定で損をしないために・・・

新車購入時の商談では、

  • 値引き交渉のノウハウやテクニック
  • 購入したい車種の値引き情報(価格や目標)

を知ることが大切です。

 

しかし・・・

 

残念ながら、多くの人達が見逃している重大な商談テクニックがあるのです。

それは、

 

無料の買取査定サービスのメリットを知らない

 

ということ。

新車 購入 値引き

↑の図をご覧になればお分かりの通り、どこで愛車を手放すのかで、

大損するのか、得をするのかの別れ目となります。

 

これは車に限ったことだけではなく、どんな物も売却先次第で損得が発生しますよね。

それにも関わらず、たくさんの人達がディーラーの下取り査定だけしか受けないという大損まっしぐらな状況。

 

以前までの私もそうでしたし、

 

「大切にしてきた愛車を安売りしていた」

 

なんてことは二度と思い出したくありません。

あなたも知らず知らずのうちに、今までの愛車たちに悪いことをしてしまっていたかもしれません。

中古車のプロではない素人の私たちが気付けないのは仕方がないこと。

 

だからこそ、ディーラーの下取り査定だけでなく、

↑ クリックすると無料で査定できます。

といった別の査定も利用し、愛車ができるだけ高く売れる場所を探さないのは大損ですよね。

ガンなどの完治が難しい大病を患った時、誰しもがセカンドオピニオンを求めます。

それと同様の捉え方と言ってもよいでしょう。

この事実を知った人達は皆、必ず買取査定を受けて愛車のホントの売却可能額を把握しています。

 

車の買い替えの際は必ず、

  • ディーラーの下取り価格
  • 中古車業者の買取価格

を比較しよう!!

 

加えて、買取査定は、

 

『愛車の下取り査定』  

 『値引き交渉』

の2つに分けることができる 

 

のもメリットの1つです。

※ ↑の動画は、3分43秒で終わります。

※ “下取り査定だけ” を受けることの危険性がわかります。

 

“下取り価格と値引き額を分離せよ!!”

新車 車 購入 値引き 相場 買取 交渉

 

↑のようにディーラーでの下取り査定の段階から、

営業マンとあなたの値引き交渉が始まっていることをご存知ですか??

クルマの商談で損をせずにお得な値引きを達成するには、

 

愛車の本当の市場価値を知ること

に加えて、

値引き充当という営業マンのテクニックに騙されないこと

 

です。

 

値引き充当とは、ディーラー側の下取り査定であなたの愛車の価値を低く見積もり、

 

その分を値引きに回して、サービスしているかのように見せること。

※値引きで得もしていないし、今まで大事に乗ってきた愛車も安売りしている状態。

 

ディーラーもあなたから下取りしたクルマを中古車として再販売するワケですから、

安く買い取って高く売ることで利益を得られます。

つまり、中古車販売の利益の一部を、あなたが購入するクルマの値引きに回す算段です。

このように、中古車相場のプロじゃない私たちが見抜けないのも当然ですし、

下取り査定は真の価値を誤魔化されやすいのです。

 

もう一度、言います。

 

下取り価格と値引き額がゴチャ混ぜにされ、あなたは損をしている可能性が高い。

 

つまり、

>> 最短30秒で入力完了!無料の査定で愛車の最高価格が分かる♪

の無料査定サービスを利用して、妥当な下取り価格を商談前に調べておくことが大切です。

 

車買取の専門業者は、

 

下取り価格より高い買取価格にしないと、

商売が成り立ちません。

 

だからこそ、下取り査定よりも高い買取価格を実現しやすいのです。

 

買取査定を受ければ、

ディーラーの下取りで愛車の価値を誤魔化されずに、

あなたが損をする可能性を大きく低減できると言えます。

【おすすめ買取査定】

こちらの無料査定サービスで愛車の

買取価格をリサーチしておきましょう!!

↑ クリックすると無料で査定できます。

以上のように、

車の買取査定を受けて適正な下取り価格を知ることが値引き交渉のファーストステップだと言えます。

下取り査定と買取査定を比較しないことには、お得な車の乗り換えはできないでしょう。

 

以降では、さらに詳細な値引き交渉術について解説していきます。

各車種の値引き相場を交渉前にチェック!!

初心者でも簡単に大きな値引き額を実現する方法を解説していこうと思います。

ファーストステップは、これから購入する予定の新車の値引き相場を知り、目標設定をすることが大切です。

 

しかし、↓こちらは最近の人気が高いSUVカテゴリーの値引き相場表なのですが、

同じ車種でも値引き額の幅が大きいし、バラツキがある。

 

【参考】同じ車種でも値引き額に差が出る

車種名 値引き相場
ヴェゼル(ホンダ) 8万円~17万円
エクストレイル(日産) 12万円~24万円
CX-5(マツダ) 13万円~26万円

 

↑の表のように、同じ車種であっても値引きの相場範囲が広いのです。

値引き相場の幅から分かるように、買い手がAさんとBさんとでは、同じ車種でも値引き額に大きな差が出る と言えます。

これには理由があって、値引き交渉で効果的なテクニックを “知っているか、知っていないか” が大きな道の別れ目だと言えます。

ということで、以降で解説する値引きのテクニックとノウハウをしっかりと学んでいきましょう。

※各車種の目標値引き額の相場を、このページの末尾に付録として掲載しています。

 

さっそく、値引き交渉における重要なノウハウの手順について見ていこうと思います。

最初にどこにでも書いてあるような、以下の値引きテクニックは最初に確認しておきましょう。

 

『どこにでも書いてある初歩的なテクニック』

・交渉のプロである営業マンと対面する前に、見積もり価格を調べておく(自分の中で予算を決めておこう)。

※欲しい新車のライバル車種の見積もり価格もゲットしておこう(わざと迷ってるフリをして、競合させるため)。

・ディーラーに対して、いつまでに車を購入したいなどの発言は避けておくこと。

・「欲しい車種名はコレ!」と名言せずに、コンパクトや軽自動車かな~ or ミニバン系かな~ とおぼろげである様子を見せること。

・こちらが用意できる予算も名言せずに、もしも聞かれたら、にごす姿勢で答えること。

・ベテランの営業マンは選ばず、若手や営業成績に焦ってそうな営業マンを選ぶ。

※ただし、新車の購入が成約したら、頼りがいのある営業マンにチェンジしてもらおう。

・新車購入のおすすめの時期は2月~3月で、ディーラー販売会社が決算期なので値引き額が大きくなりやすい(販売実績台数を稼ぐため)。

・愛車の下取りや買取に関しては、2月くらいに済ませておくと高額買取が期待できる(中古車も3月によく売れるから)。

 

いきなりディーラーへ出向くのが億劫な人は、

営業マンと対面せずに新車の見積もり価格が取れるこちらのサービスで調査しておきましょう。


オンラインで見積もりをゲット♪

新車 車 購入 値引き 相場 買取 交渉
新車 車 購入 値引き 相場 買取 交渉

※無料で最短1分で見積もりが取れます♪

値引き額を限界まで!最初のステップは車の買取査定!

冒頭でも述べましたように、愛車の下取り価格と値引き額を区別するノウハウについて解説します。

※ディーラーの下取り価格よりも買取業者に売る方がお得であることを知っている人は、次の章をお読み下さい。

 

『ディーラーの下取り査定で損をするケース』

 

最初に述べましたように、↑の図が多くの人がディーラーの下取りで損をしている理由です。

これでお分かりの通り、本当はもっと高い価格で愛車を買取してもらえるはずなのです。

ディーラーだけで下取り査定を受けるのは、あなたの大切な車を安売りしているのと同等だと言えます。

 

一括買取査定では、複数の業者から買取価格を出してもらうため、

↑のように買取業者の間でも、これだけ大きな価格差が生まれてしまいます。

ディーラーの下取り価格よりも数十万円も高くなるケースを考えると、買取査定を受けて適正な愛車の価値を調べるべきなのは明白です。

買取査定を受けずして、ディーラーと下取り査定に挑むのは損でしかないです。

 

こちらの無料サービスで愛車の価値をリサーチ!!

↑ クリックすると無料で査定できます。

 

こちらの図のように、

 

下取り査定で愛車の価格を誤魔化されず、

一番高い愛車の買い取り価格を実現

 

するためにも、一括査定をご利用ください。

【下取り査定で損をしないために、買取査定を受けるべし!!】

>> 最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

引き算購入法で新車の値引き額を限界まで引き上げよう!!

ここまでは、値引き交渉の前段階のテクニックについて解説をしてきました。

ちゃんと読まれていれば、営業マンとの値引き交渉と下取り査定を分離できていることと思います。

あなたが下取り価格を誤魔化されることで、値引き額で損をすることは無いはずです。

 

下取りの査定前に、↑で調べた買取査定額をディーラーに突きつけるのも1つの手でしょう。

【愛車の買取価格をまだ調べていない人は今すぐチェック!!】

>> 最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

 

では、口下手や初心者でもラクに値引き交渉で成功するための “引き算購入法” について説明します。

 

『Q. 引き算購入法とは??』 『A. 要らないオプションを外すだけ♪』

これは、購入予定の新車の見積もり書を営業マンに作ってもらう前に、わざと要らないオプションや高い装備を付けておくことで値引き額を大きくする交渉術です。

交渉術とは言っても、ディーラー側の値引きが限界に達したかなと思った段階で、あらかじめ付けておいた不要なオプションを外したり、高い装備から安い装備に変更したりするだけです。

この方法はとても簡単ではないでしょうか??

 

この引き算購入法による値引き交渉を詳しく解説してみますと、まずは、

  • 当然、新車の本体価格にはディーラー側の利益が含まれている。
  • また、装備するそれぞれのオプションにも単体で利益が含まれている。

という点に関しては、容易に想像がつくかと思います。

 

なので、購入する車に装備するオプション装備を増やすほど、

 

ディーラー側の利益幅が積算方式で膨らんでいく

 

のがお分かり頂けるかと思います。

つまりは、膨らんだ利益分だけ、向こうは値引きのやりようがあるということ。

この積算された利益幅の範囲内で、営業マンが値引き額を決めているとも言えます。

そのため、ディーラー側の利益追求のために、値引き額がそれ以上に大きくなることはないです。

 

そして、商談がある程度進んで総額が落ち着いてくると、ディーラーがよく言う「今日決めてくれたら、これだけ値引き額をサービスします。」という段階などがありますよね。

ここまで商談が進んだら、営業マンがサービスできる値引きの限界に近いということ。

ここで、あなたが取るべき行動は “本当は要らなかったオプションパーツや装備” を外すか、安いものに交換するのです。

「すいません、このオプションと間違えてました^^;」

「嫁がこのオプション要らないでしょっ!!と言ってきました・・・」

とでも伝え、本当にあなたが欲しかったオプションと装備の組み合わせにするのです。

 

つまり、オプションや装備が多いほどディーラーの利益幅が大きいのですから、

1. 営業マンが設定できる値引き範囲をワザと広げてあげる。

2. 広げた値引き可能範囲で大きめの値引き額を引き出させる。

3. でも、最終的にはワザと付けた不要なオプション装備を外す。

のです。

 

そうすると、本来のオプション装備で交渉を進めていたら実現できなかったであろう大きな値引き額で、新車を購入できることがお分かり頂けると思います。

 

この値引き交渉を使って、新車の購入価格を安くしない手はないでしょう??

購入する車の総額が決まっている状態で不要なパーツを外すのですから、何も悪いことはしていません。

営業マンも最初の見積もり書の利益分で値引きを限界まで設定したのに、その前提条件を崩されてしまっては青ざめるかもしれません。

 

この引き算購入法では、可能な限りたくさんの高額オプションを初期の見積もりに加えておくことがポイントです。

 

特にカーナビが一番おすすめであり、高級なカーナビを付けて見積もりを出してもらっておき、最後にあなたに丁度よい価格のカーナビに変更すると、本来よりも数万円くらい大きな値引き額が可能でしょう。

自動車取得税を利用しよう!交渉なしで新車の値引き額を大きく!

以上のように、

  1. 買取査定を受けることで、ディーラーの下取り価格より高値で愛車を売る。
  2. 引き算購入法で、値引き額を限界まで引き上げる。

という流れで書いてきました。

【愛車の適正な買取価格を知らない人は、今すぐチェック!!】

>> 最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

 

このような値引き交渉を展開することで、口下手や初心者でも新車購入の商談で営業マンに打ち勝てるはずです。

 

さらに追加で、強力な値引き方法がもう1つあります。

引き算購入法を応用し、自動車取得税を減らす値引きの方法です。

新車の課税額を小さくするので値引き交渉とはちょっと毛色が違いますが、かなり強力なのです。

本来は取得税であってディーラーの懐に入るお金ではないため、営業マンもイヤな顔をしない値引き方法となります。

 

早速ですが、仕組みとしては非常に簡単であり、新車を購入した後にオプションパーツを装備するのです。

 

普通自動車の新車を購入する際には、車両本体価格に加えて、取得税の課税対象(5%)になるオプションがあります。

※軽自動車の場合は3%。

30万円分の課税対象オプションと一緒に新車を購入すると、オプションパーツだけで発生する自動車取得税は、

 

30万円 ✕ 0.05 = 15,000円

※オプション30万円分だけから発生する取得税。

 

となります。

引き算購入法でディーラーからの値引き額を大きくした上で、さらに後付でも良いオプションを納車後に購入して装備すると、そのパーツの取得税分が安く なってくれるわけです。

 

新車で購入する場合はぜひ、後付可能なオプションを納車後に購入して装備することにしましょう。

※ ただし、生産時にしか選択できないメーカーオプションは除く。

※ どのオプションが取得税の課税対象かを、ディーラーに確認しておきましょう。

 

以上のように、

【値引き交渉の3ステップ】

1. 買取査定で愛車の適正な買取価格を調査(下取りで損を避けるため)。

【まだの人は買取査定でチェック!!】

>> 最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

2. 引き算購入法で、限界のさらに限界まで値引き額を引き上げる。

3. 追い打ちとして、オプションを納車後に装備して自動車取得税をカット。

という3ステップを駆使すれば、交渉が下手であっても余裕で大きな値引きに成功できるはずです!!

健闘をお祈りしています!!

 

最初のステップの “買取査定” をスタート!!

↑ クリックすると無料で査定できます。

【新車の値引き相場】欲しい車種の目安を知っておこう!!

最後に、新車購入の値引き相場表(予想)を示しておきます。

2017年も満足のいくカーライフを値引き交渉で実現していきましょう。

 

ア行

購入する新車名 値引き額の相場(予想)
RVR(アールブイアール)  10~30万円
アイシス 10~30万円
アイミーブ ~5万円
アウトランダー ~5万円
アクア  6~13万円
アクセラスポーツ  10~20万円
アクセラセダン 10~20万円
アコードハイブリッド 10~25万円
アテンザワゴン/アテンザセダン 10~20万円
アトレーワゴン 5~15万円
アベンシス  10~30万円
アリオン  10~30万円
アルト 3~6万円
アルトラパン  5~10万円
アルファード 10~25万円
eKスペース 5~15万円
eKワゴン 5~15万円
イグニス ~5万円
インプレッサスポーツ ~5万円
インプレッサG4 ~5万円
ウィッシュ  10~30万円
ヴィッツ 8~15万円
ウィングロード 10~30万円
ウェイク  5~10万円
ヴェゼル 8~17万円
ヴェルファイア 10~25万円
ヴォクシー 8万円~20万円
エクシーガクロスオーバー7
エクストレイル 12~24万円
SX4 S-クロス  5~15万円
エスクード 5~15万円
エスクード2.4 10~30万円
エスクァイア  10~20万円
エスティマ  10~30万円
S660 ~5万円
NSX ~5万円
N-BOX(エヌボックス)  5~15万円
N-BOX /(エヌボックス・スラッシュ) 5~10万円
N-BOX +(エヌボックス・プラス) 7~14万円
N-WGN(エヌワゴン)  5~10万円
N-ONE(エヌワン) 7万円~12万円
エブリィワゴン  5~10万円
エルグランド 10~30万円
オーリス  10~25万円
オデッセイ 10万円~30万円

 

カ行

購入する新車名 値引き額の相場(予想)
カムリ  10~25万円
カローラアクシオ 10~20万円
カローラフィールダー 10~20万円
キャスト 5~10万円
キューブ 10万円~25万円
クラウン 10~30万円
クラウンマジェスタ  10~30万円
グレイス 5~15万円
コペン  ~5万円

 

サ行

購入する新車名 値引き額の相場(予想)
SAI  10~30万円
C-HR ※随時更新
CX-5  13~26万円
CX-3  5~15万円
CR-Z  5~15万円
ジェイド  10~20万円
シエンタ 5~10万円
GT-R  5~10万円
シーマ  10~30万円
ジムニー  6~12万円
シャトル(フィットシャトル)  5~15万円
ジューク  10~20万円
シルフィ  10~25万円
スイフト  10~20万円
スカイライン 10~25万円
ステップワゴン  10~20万円
スバルXV 10~25万円
スペイド 10~20万円
スペーシア  5~15万円
セレナ  5~10万円
センチュリー 10~20万円
ソリオ 5~10万円

 

タ行

購入する新車名 値引き額の相場(予想)
WRX S4/STI 10~20万円
タンク  2~5万円
タント  5~12万円
ティアナ  10~25万円
デイズ  5~15万円
デイズルークス 5~15万円
デミオ  5~12万円
デリカD:2  5~10万円
デリカD:5  10~30万円
トール 2~5万円

 

ナ行

購入する新車名 値引き額の相場(予想)
ノア  10~20万円
ノート  8~20万円

 

ハ行

購入する新車名 値引き額の相場(予想)
パジェロ  10~30万円
ハスラー  5~10万円
86(ハチロク)  10~20万円
パッソ  2~6万円
バモス  5~15万円
ハリアー  10~20万円
バレーノ  5~10万円
BRZ  10~20万円
ビアンテ  10~30万円
フィット 6~13万円
フーガ  15~30万円
ブーン 2~6万円
フェアレディZ  10~30万円
フォレスター  10~30万円
フリード  3~7万円
フリードプラス  3~7万円
プリウス 5~10万円
プリウスα  10~20万円
プレマシー  10~30万円
プレミオ  10~30万円
ポルテ  10~20万円

 

マ行

購入する新車名 値引き額の相場(予想)
マークX 10~30万円
マーチ  7~15万円
ミライース  4~8万円
ミラココア 5~12万円
ミラージュ  7~15万円
ムーヴ  5~12万円
ムーヴキャンパス  3~5万円

 

ラ行

購入する新車名 値引き額の相場(予想)
ランドクルーザー  10~30万円
ランドクルーザープラド  10~30万円
リーフ ~5万円
ルーミー  2~5万円
レヴォーグ  10~20万円
レガシィアウトバック  10~20万円
レガシィB4  10~20万円
ロードスター  5~10万円
レクサスRX  ~5万円
レクサスRC  ~5万円
レクサスIS  ~5万円
レクサスHS250h  ~5万円
レクサスNX  ~5万円
レクサスLS  ~5万円
レクサスLX  ~5万円
レクサスGS ~5万円
レクサスCT200h ~5万円

 

ワ行

購入する新車名 値引き額の相場(予想)
ワゴンR  5~15万円

 

如何だったでしょうか??

今回、説明してきた新車購入の値引き交渉テクニックを知っている知っていないかで、場合によっては、

 

何十万円もの損得が発生

 

しやすいです。

特に、最初に解説した下取り査定で損をしない方法は重要ですので、再度ご確認頂ければと思います。

新車 車 購入 値引き 相場 買取 交渉

【下取り査定で値引き額を大きくする方法はこちら。】

>> 値引き交渉のファーストステップをチェックする。

(※最終更新日:2017/1/28 最新版)

 

【見逃し動画】民衆の敵

【見逃し動画】明日の約束

【見逃し無料動画】刑事ゆがみ

【見逃し無料動画】さくらの親子丼

【見逃し無料動画】今日のわんこの過去回